千葉県 S様邸

Sophisticated room with warmth - ぬくもりのある洗練された部屋

今のお部屋に少しだけ手を加えたプチリフォームで居心地よい雰囲気に変わったお部屋

物件概要
所在地 千葉県
種 別 2階建て戸建て住宅
お部屋 リビングダイニングルーム、和室

ご家族4人でお住いの戸建て住宅のリビングダイニングと続き間の和室のインテリアコーディネートです。

コンセプト CONCEPT

建売で購入された築10年ほどの戸建て住宅にご家族で住んでいらっしゃるお客様からのご相談です。
ご自分では中々模様替えが進まないのでお願いしたいとのことでご依頼いただきました。

お悩みのポイントは、
・部屋がさみしい感じがする
・今使っている照明、カーテン、テレビ台は変えずに部屋全体の雰囲気をまとめてほしい
・リビング続き間の和室をうまく使えない

話合いの結果、リビングの照明、カーテン、テレビ台、ダイニングテーブルはそのまま残し、残りのアイテムはお部屋に合ったものを新調することに。
また、両部屋共アクセントの壁紙張替え工事も行うことになりました。

計画 PLANNING

今回、レイアウトは現状と同じが一番良いとの話になり、変更しないことにしました。

インテリアスタイルは、現在のエレガントなデザインの照明やカーテン類の印象を継承してコーディネートすることとしました。
スタイルは変えずに、少しアイテムを足したり、より雰囲気にマッチするアイテムに買い替えたりすることで、完成度を高めました。

和室は壁紙と照明で印象を変えることにしました。
更に収納家具も置き、ごちゃつくものもすっきり収納できるようにします。

完成したお部屋

元々黄色の壁紙のお部屋でしたが、今回一面だけアクセントで花柄の壁紙に張り替えました。リビングのソファとラグは新調。壁紙に合わせて色を選びました。

リビングの入口辺りから奥を見たところ。天井照明のシャンデリア、カーテンとカーテンレールはこれまでのものを引き続き使用。

テレビ台辺りからダイニングテーブル方向を見たところ。ソファは座ったときにリラックスできるようにと、ヘッドレストをつけてくつろぎ感UPしています。

大きくスペースが空いている壁に、雰囲気に合わせたアートを飾りました。

雰囲気に合わせたアート、2つ目です。

ダイニングチェアを新調しました。テーブルとは異なるブランドですが、雰囲気を合わせてます。

リビング続き間の和室。正面にアクセントクロスを貼りました。収納家具を置いて、こまごましたものもすっきりしまいます。

リビング側より和室を見たところ

今回のご相談では、お部屋の印象を大きく変えるのではなく、今の雰囲気をベースに少し手を加えて、より良いお部屋にグレードアップする、という作業をさせていただきました。

とても仲の良さそうな素敵なご家族で、楽しく打ち合わせや工事を進めることができ、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!

PAGE TOP