「失敗しないお部屋づくり」ファイナルSTEP~アイテムを選ぶ

こんにちは。暑さとともに多忙がやってきた、そんな毎日を過ごす淀川です^^

ずいぶん間があいてしまいましたが、「失敗しないお部屋づくり」シリーズです。
まずはおさらいから。

STEP1:配置を決めましょう。
上手な配置のコツについてブログ記事でお話しました
(ブログ記事)お部屋作りのファーストSTEP!上手に配置を決めるには →

STEP2:インテリアスタイルを決めましょう。
「インテリアスタイル」という部屋作りの方針が決まれば、8割は完成したようなもの、とブログ記事でお話しました
(ブログ記事)これを決めれば8割完成~「失敗しないお部屋づくり」セカンドSTEP →

 

そして最後のSTEP3ですが、いよいよ仕上げとなる「アイテム」を選ぶ段階となります。

 

何はともあれ、サイズを間違えるな!

6e643ae49e28b3505e16448e69088084_s

配置も決めたし、インテリアスタイルも決まった。
さあ家具を選ぼう。
このときまず考えてほしいのは、「適正サイズ」かどうかです。
どんなに素敵な家具でもサイズがあわないならば、あなたのお部屋は快適にはなりません。
見た目にも、使い勝手としても、不合格です。

 

サイズ選びで見落としがちなポイント

a7ef5e9b290b8897a5966f0ef3432002_s

サイズ選びで意外と見落としがちなのは、
「その家具を使うために十分なスペースがあるかどうか」
です。
・家具のまわりに人が歩けるスペースがあるかどうか
・引き出しや扉を開けるスペース(人が立つスペースも含めて)があるかどうか
は特に気をつけましょう。

 

部屋を狭く感じないサイズ選びのコツ

2db6173b2917e2da3ebfc79e66484826_s

部屋にも置ける大きさで、周りにもスペースが確保できている、
じゃあこれでOK?
と決める前に、空間に対して大きすぎはしないか?小さすぎはしないか?
を今一度考えてみましょう。
大きすぎる場合は、圧迫感を感じて部屋を狭く感じやすく、
小さすぎる場合は、さっぱりとしすぎて部屋を寂しく感じがちです。
大きすぎる・小さすぎる場合には、ちょうどよい大きさのアイテムが他にもないか再検討してみましょう。

 

実際に置いてみないと大きさが想像できない場合は

81dff334f3af6d6cb4310e2c2cacd070_s

考えてるだけでは、大きさの想像ができない、
家具を実際に部屋に置いてみないと大きさが分からない、
そんな場合、あるアイテムを使うとより想像しやすくなります。

それは、

「マスキングテープ」です。

マスキングテープはホームセンター等で安価で手に入りますので、1つ持っておくと何かと便利です。
以前、アートを壁に上手く飾るためにマスキングテープを使った技をブログ記事でご紹介しましたが、考え方は同じです。

参考:(ブログ記事)壁にアートをセンス良く飾りたい! →

やり方は、家具を置く場所の床に、置きたい家具の大きさにマスキングテープを貼るだけです。
頭の中で考えるより、ぐんと分かりやすくなると思います。

 

難しい?トータルコーディネート

3362f7e1e2375476e58de70945b94ce0_s

大きさのチェックができたら、デザインです。
お部屋づくりで大切なのが、トータルでコーディネートするということ。
違和感を感じず居心地よいお部屋にするため、アイテムは個別に好きなものを選ぶのではなく、全体を見て考えましょう。
でも、トータルコーディネートって難しいのでは?とお思いの方へ、かんたんにできる方法をお伝えします。
それは、

すべてのアイテムを写真に撮ること

です。

どういうことかといいますと・・・
例えばお引越しをするときに、手持ち家具を引き続き使うものと、新しく買い換えるものとあると思います。
手持ち家具、新しく買おうと思う家具、すべてを写真に撮ります
画像を用意したら、すべての画像をならべてみます。
プリントアウト、画面上、どちらでもかまいません。一度にすべてのアイテムを見渡せる状態にしてみましょう。
違和感を感じるアイテムがないかどうか、あればそれをはずしたときは雰囲気が統一されるのか、チェックしてみましょう。

 

トータルコーディネートの鉄則

bd839144101d1dbb409bc803fd36c90e_s

そうはいっても、トータルコーディネートって難しい、そう思う場合は、
1つだけ気をつけてみましょう。
それは、

インテリアスタイルにあっているかどうか

です。
ここでSTEP2をもう一度おさらいしますが、
「インテリアスタイル」というお部屋づくりの方針を決めたと思います。その方針にあっているかどうかを気をつけることがトータルコーディネートの鉄則です。

(ブログ記事)これを決めれば8割完成~「失敗しないお部屋づくり」セカンドSTEP →

シンプルなインテリアスタイルにしようと決めたのに、テーブルは猫脚のタイプだったり、
モダンなインテリアにしようと決めたのに、北欧デザインのカラフルな椅子をおいてみたり
ということをすると、とたんにお部屋に違和感を感じることになります。

一番大事なのはインテリアスタイルを決めることと上記セカンドSTEPの記事に記載しましたが、
自分で決めたインテリアスタイルを忠実に守ることが、居心地の良いお部屋をつくるための近道です。

さて、3回にわたってお部屋づくりのコツをお話しましたが、いかがでしたか?
ぜひ、素敵なお部屋づくりの参考にしてみてください!

でもやっぱり自分では難しい、というときは、いつでもご相談くださいね☆

リーズナブルで安心。
ミワプランニングオフィスの定額制インテリアデザイン⇒

conimg_9

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 押入れ秘密基地プロジェクト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP