設計や工事を友だちに依頼するのはあり?なし?

53ed1216ba3ae8f90d55d2df64a35bc8_s

7万円のインテリアデザイン!あなただけの「お部屋カルテⓇ」をおつくりするミワプランニングオフィスの淀川です。

自宅を建てたい。リフォームしたい。インテリアデザインをしてほしい。お店をオープンしたい。

人生でもそう何度もあるわけでもない、こんなことを思ったとき、皆さんはどなたに相談しますか?

有名で大きな会社に相談するでしょうか。
安さが売りの会社に相談するでしょうか。
親戚や友達の建築関係の仕事をする方に相談するでしょうか。
まずはネットで情報収集をしてみるでしょうか。

最近は、インターネットであらゆる情報を調べることができますので、
若い世代を中心とした方々は、まずはネットで情報収集という方法を選ぶことが多いかもしれませんね。

しかし、どの世代にも共通して割と多いのが、知り合いにまずは相談してみる、とお思いの方ではないでしょうか。

淀川の実家は工務店をしております。
親戚や近所の方、友人などの家やお店の工事を請負っているのを、小さなころよりしばしば目にしてきました。
知り合いに頼むというのは、昔からよくあることであります。

「知り合い」と言っても、血のつながった親戚や、家族同然よく知っている人ならともかく、ちょっとした知り合い程度ならどうでしょう。
逆に気を使ってしまうのじゃないか・・・。
はたして、知り合いの設計者や施工業者さんに頼んだほうがいいのか頼まないほうがいいのか?
そんな疑問について考えたいと思います。

 

信頼できる人、安心して相談できる人と思うならお願いするメリットはあり

知り合いの設計者や施工業者さんに頼んだほうがいいのかどうかの疑問についての答えは、この一語につきます。
「信頼」
できるかどうか、です。

以前ニュースを見ていたところ、たまたま道で昔の同級生に会ったら、大工をしているというので家を建ててもらったところ、欠陥住宅が出来上がった。
そんな話を耳にしたことがあります。

昔の同級生というのは、無二の親友で大人になってからも交流が続いていた、絆の深い方だったのでしょうか。
話を聞く限り、そうではなさそうですよね。

知り合いに頼むのであれば、昔知っていた、というだけでなく、「現在のその人をよく知っている」という方にお願いしてください

私の周りの友人や仕事関係の設計者でも、友だちに依頼されて仕事をして、双方ともとても満足した結果になった、という方はたくさんいらっしゃいます。

自分の希望や実現してほしいこと、包み隠さずすべてを相談できる、そんな信頼関係のある方なら、知り合いに頼むのは満足のいく結果になる可能性は非常に高いです。

 

安くしてくれるかも、という動機ならやめたほうがよい

知り合いなら工事の代金を安くしてくれるのじゃないか、設計料をまけてくれるのじゃないか、
知り合いに頼もうとする方の中には、このように考える方もいらっしゃるようです。

結論から言うと、そういう動機なら知り合いに頼むのはやめたほうがいいです。

なぜならば、そのような動機で知り合いに頼んだ場合、かなり高い確率でトラブルやトラブルに近いことがおこる場合があります。

実は、「知り合いなら安くしてくれるかも」この考え、あながち間違いではありません。
もちろん業者さんによりますが、知り合いだから良心的な金額で引き受けてくれる場合は、当然あると思います。
しかしながら、以下のような展開も少なからず起こりえます。

あなた→知り合いなんだから、安くしてくれるよね。
業者さん→知り合いだから安くしてあげよう。(頼ってきてくれたんだしサービスしよう)
あなた→ラッキー。知り合いに頼んでよかったー。これも相談できるかな。
業者さん→かくかくしかじかですよ。(わからないことは説明してあげないとね)
あなた→そうなんだー。じゃあこれとこれとこれはどう?
業者さん→こうでこうでこうです(汗)(友達だから相談しやすいのかな。それにしても相談多いなあ。)
あなた→安いからってこんな仕上がりはちょっとどうかな。直してよ(怒)
業者さん→・・・わかりました。(安くして親身になって相談にのったのに最後はクレームか。残念。)

これは、ほんの一例で必ずこのような展開になるとは限りませんが、何が言いたいかといいますと、
金額にシビアな方は内容にもシビアな場合が多いです。

そのあたりの気持ちがお互いすれ違い、最後は衝突。ということも起こりえます。
現に友だちの仕事は引き受けない、と決めていらっしゃる業者さんもいるくらいなので、まあまあよく起こることかもしれません。

サービスには自分の要求に見合った金額が必要になります。
はじめから安さを期待して頼むことは避けたほうが無難です。

結果、安くしてくれることはもしかしたらあるかもしれませんが、そのときはお互い気分よく仕事を終えられるなぁ、くらいにとどめておくことが成功の秘訣です。

家作り空間作りの参考になれば幸いです。

7万円のインテリアデザイン

関連記事

  1. 失敗しない設計者選びのコツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP