ダイノックの貼り方

ダイノックの貼り方

ダイノックの貼り方

こんにちは。

本日は火曜日。まだ週の前半ですが土日も打合わせや現場仕事がありましたので、週の後半の気分でいっぱい、ちょっとお疲れモードの淀川です・・・

さて、ホテルの改修工事はあさってグランドオープンをひかえ、本日も小物類を少々選定しておりましたが、あと少しだなぁ、という思いです。

引き続き宿泊施設案件もありまして、このところ商業施設・店舗が続いていた関係で、ダイノックシートのサンプルをたくさん請求していたところ、先日ダイノックの会社3Mさんが訪ねていらっしゃいました。

ダイノックと一口にいっても、今はバリエーションも色々あり、水廻り専用シート、玄関用シート、エレベーター用シート、スクリーンやホワイトボードになるシート、などもあるそうでございます。

私も先日は玄関シートとEVシートの検討を、これからの案件に水廻りシートを検討しています。

色々お話する中で、こんな興味深いやり取りがありました。

3Mさん「もし職人さんで貼り方が分からないという方がいましたら、今はyoutubeに貼り方の動画がアップされていますので、そちらをご覧になられると口で説明するよりも参考になります!」

「(そんな職人さんいるのかな??)分かりました。3Mさんの公式チャンネルですか?」

3Mさん「そうではなく、職人さんなど一般の方がアップされていらっしゃるのですが、私どもも関心するぐらい手際がよくてすばらしいんです!!

そこまで言われると、どんな動画があるのか気になりまして検索してみました。

youtubeで「ダイノック 貼り方」を検索

https://goo.gl/mp4Bai

 

たしかにたくさんアップされていますね~。

しかもDIYでの貼り方、など一般の方向けの内容もあるんですね。

 

ダイノックシートは、主に商業施設などで使われることが多いですが、新しいものに変えるのが大変なときなどに、シートを貼ることでデザイン的に統一感を出したいときや予算をおさえて見た目を新しくリフレッシュしたいときなどに使います。

また、外部に使えるシートもたくさんありますので、新規工事でも看板や外部に使うこともよくあります。

われわれ関係者ではおなじみの材料ですが、最近ではお客様が「ダイノックを貼りたい」と指定していらっしゃることも少なくなく、ずいぶん広く知られているんだなぁと関心しきりです。

 

さて、そんなダイノックのサンプル請求やらその他、今日もやること満載なので、午後もがんばります!

 

 

関連記事

  1. パリジェンヌのアパートメント風サロン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP